Pocket

ダイエット日記130日目…

夢を諦めなかった一人の女性の話

彼女との出会いは約5ヵ月前…始めて会った時から何か惹かれる雰囲気を感じた

それはきっと自分を必要としてくれる人への貢献心が溢れて出ていたからだと思う

誰にも相談出来ずいた時に自ずと彼女へ相談しに向かった日を忘れない

嫌な顔一つせずに親身になって相談に乗ってくれた

私と彼女は20歳近く年が離れているが年功序列とかそんな固い概念は持っていない

彼女は私の尊敬する人生の先輩だ…

 

そんな彼女が最近昔から叶えたかった自分の夢を実現した事を知った

付き合いはまだまだ浅いがずっと苦労してきたのは知っていたので私も嬉しくなった

間違いなく彼女は次世代のリーダーになる人

その時少しでも彼女の役にたてる人間に成長したいと思う

それが彼女への恩返しだと思うから…

 

P.S

そして彼女が誕生日upした投稿を紹介します

本文は以下から

【 私に起きた奇跡 】

何度このノートを
涙で濡らしたか わかりません。

『夢を信じて 本気で行動し続けた人にだけ奇跡は 起こる』

暗闇の中、この言葉だけを信じて走り続けてきました。

「冬は必ず春となる」「咲かない花はない」
このことを自分の心に強く言い聞かせて。

「諦めず咲く花」になりたかった。

どんな不利な環境でも
何度ふまれても
周りに仲間がいなくても
諦めず咲く花になりたい。

100人を魅了できなくても
誰かひとりの心に残る
そんな花を咲かせたい。

ずっとそう思ってきました。

そして
1つ、また1つ。

一歩ずつですが、
ここまでやってくることが出来ました。

本当に出逢って下さった全ての方に
感謝の気持ちでいっぱいです。

自分の昔からの夢が1つ叶ったこと。

そして、
明日の自分の節目を前に、
自分の人生を少し振り返ってみました。

私に起きた奇跡が、
これから縁する方や今ご縁させていただいている方の
“次の奇跡”に繋りますように。

***

私は中身も見た目もごく普通の人間で
自分に自信も無いし、お金や人脈がある訳でもありませんでした。

決して裕福とは言えない、大家族の中で育った長女なので、
小さい時から我慢も沢山し、
力のない自分に嫌気を感じていました。

また、いじめを経験した事もあって
人と接するのが嫌だと思う時も多々ありました。

美しく輝き、太陽のような存在で人を照らすなんて、夢のまた夢。

けど、
このままの人生で終わるのは絶対に嫌だと強く思いながら、
営業や秘書、親善大使、フリーのモデルなど
色々な活動をしてきました。

その途中で、生死に関わる大きな病気も経験しました。

なりたい自分になれる保証があった訳ではありませんでした。

ただ、
“こんな私でも諦めなければ何かが出来る”
“本気の人には必ず味方が現れて力になってくれる”
と思いながらずっと進んできたおかげで
ようやく、1つの夢が叶いました。

それは、
「20代で 自分の家族や大切な人を守るため自分の会社を持つ」という
夢でした。

『Hope』という名の夢ノートに
何百という夢リストを書き
毎朝晩 読み返し 実行してきました。

先月、その夢の1つである
自分の会社をつくる事が出来ました。

何度も「もうダメかも」 と思う事もありました。

けど、いろんな人に助けられたり、応援されたりしながら
何とかここまで来る事ができました。

本当にありがとうございます。

***

私に起きた奇跡。

次は 誰かに起きる奇跡。

今度は私が その力になりたい。

私のように
“本気で人生を変えたい人”や
“きっかけを探してる人”に

この思いが伝わりますように、、、。